樟木(楠木・クスノキ)の成長を記したページです。
この樟木は2013年2月に移植したものです。2011年に作られた種子が、2012年の春に発芽したものだと思われます。
長太 なご の大楠


2013年3月2日




2013年6月10日




2013年7月3日




2013年9月20日
樹高約0.7m




2014年8月20日
樹高約1.5m




2014年12月24日
樹高約2.5m




2015年04月16日




2015年11月07日
樹高約3m




2016年04月11日





2017年01月05日





2017年04月28日
冬芽が枯れている。この冬が特別寒かったわけではないし、
クスノキハクボミフシも見られるが、それが原因か結果かも分からない。




2017年12月04日
樹高約4m





幹の割れがハッキリしてきた




2018年10月17日




2019年01月03日
樹高約4.5m




2019年04月18日
赤い新芽が萌えはじめた。
新芽が赤い樟を雌楠、緑のものを雄楠という風がある(夫婦楠の場合は枝ぶり、大きさによることが多いように思う)が、ふと近代的(西欧的)な発想なのか?と感じた。艶っぽい浮世絵を見ると、赤は男性の方であるし、赤が雄々しく、緑は楚々としているようにも見える。






2019年07月25日





2019年09月05日





2019年10月24日






2020年03月12日
樹高約5m
メジャーを幹に沿わせてみた。4m50cm以上伸ばすと自重に耐えられずに折れ曲がってしまう。
2番目の真ん中あたりにメジャーの先端が見える(拡大図参照)。







































kusunoki